TOP > <GDP>プラス成長 けん引役は企業、低調な家計と明暗
 ← 東京株式市場・寄り付き=続落、政治の不透明感など重し | TOP | ソン・ホヨン タイで露出パフォーマンス

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


<GDP>プラス成長 けん引役は企業、低調な家計と明暗 

2007年11月13日 ()
ハイブリッド式は経済的で安心!トリプル除菌でいつも清潔!数量限定です!ダイニチ ハイブリ...
 7~9月期の国内総生産(GDP)は、実質、名目とも2四半期ぶりにプラス成長となったが、外需頼みの需要構造は相変わらずで、けん引役は企業部門(輸出、設備投資)に偏り、低調な家計部門(個人消費、住宅投資)との明暗が鮮明となっている。

 個人消費は、前期比0.3%増で、4~6月期の同0.2%増とほぼ横ばいにとどまった。最大の要因は「賃金が伸びないこと」(大田弘子経済財政担当相)で、7~9月期の名目雇用者報酬(名目賃金×雇用者数)は、前年同期比0.1%増とわずかな伸び。企業業績の好調さが、1人当たり賃金に反映されない状況が依然として続いている。

 耐震偽装問題で建築確認の審査が厳格化された住宅投資も「景気のかく乱要因」(民間シンクタンク)となっている。7~9月期の大幅マイナス(前期比7.8%減)は、同期の実質GDPを0.3ポイント押し下げる要因となった。内閣府では「制度的要因による減少で、住宅需要そのものは落ちていない」(大田経財相)と見ているが、建築着工の大幅マイナスは今後も続く見通しで、10~12月期以降も景気に悪影響を与える可能性が高い。

 家計部門のマイナス要因を企業部門が吸収する形で、7~9月期はプラス成長となった。ただサブプライムローン問題や原油相場の高騰で、米国景気への懸念が膨らみ、円高が進んでいる。輸出に支えられた企業収益の先行きに懸念が強まり、12日の東京市場では株価が急落した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


●1円スタート スポーツオートパーツレジャーオークション!●【大量】mazdaルーチェミニカー2...


◆経済関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆経済関連の無料のレポート情報
恋愛プロデューサーきりたの性的恋愛至上主義

元業界人“きりた”が芸能界で習得した人を惹きつける戦略を
恋愛に置き換え「女の子との出会いから落とし込む」までを
具体的な戦略でプロデュースしていく恋愛系ドキュメンタリー!
女の子との出会いが無限に広がります!!!






ママさんに大人気!!体の中からスッキリ!最新エクササイズ法とは?

このレポートでは、今ママさんの間で絶大な人気を誇るエクササイズ法について詳しく説明しています。
この方法で美しい体型を保っている芸能人や有名人が多数いらっしゃいます。

この方法は・・・
●家でテレビを見ながら気軽にできる
●女性…

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.11.13(Tue) 13:06] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 東京株式市場・寄り付き=続落、政治の不透明感など重し | TOP | ソン・ホヨン タイで露出パフォーマンス

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://kalashnikov3.blog101.fc2.com/tb.php/943-d2524025
 ← 東京株式市場・寄り付き=続落、政治の不透明感など重し | TOP | ソン・ホヨン タイで露出パフォーマンス

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。