TOP > 森もオオタカも守りたい 松くい虫対策で苦慮 仙台
 ← 「自由・民主・人権」日本から脱北者4人韓国入り | TOP | オトーサン好みのスポアナは「アイドル」より「正統派」

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


森もオオタカも守りたい 松くい虫対策で苦慮 仙台 

2007年06月17日 ()
舘源 舘林喜助 染付一服人物図酎杯
 仙台市の青葉山で、オオタカの営巣・ふ化が確認されたのを受け、同市が新たな課題を突きつけられている。松くい虫被害を食い止めるための伐採が、鳥の子育てに影響するのではないか、との懸念が生じているためだ。オオタカ保護と森林保護のはざまで、市の松くい虫対策担当者は頭を抱えている。

 仙台市は、毎年5月から6月にかけて松くい虫被害を食い止めるため、被害木の伐採を実施している。2006年度には、青葉山を含め5858本もの松の木を伐採。今年の作業は最終段階にあるが、環境保護団体の指摘を受け青葉山では一部中断している。

 伐採には、騒音の発生が伴うチェーンソーの使用が避けられない。作業員が連日、山に立ち入ることも必要で、繁殖期のオオタカが警戒して営巣や子育てを放棄してしまう可能性もある。

 青葉山を担当する市農林土木課は「最悪の場合、営巣木を切り倒してしまわないとも限らない」として、善後策の検討を始めた。
 しかし、二つの課題が浮上。二つは、営巣地点そのものの情報が、伐採の担当課では分からないことだ。

 オオタカは、環境省のレッドデータブックで準絶滅危惧(きぐ)種に指定されている。密猟の危険にもさらされているため、情報を持っているのは市役所内部でも環境管理課など限られた部署だけで、共有は制限されている。同課も環境アセスメントに関連する地域の情報しか得ていない。

 二つ目は、伐採時期とオオタカの繁殖期との重複が避けられないことだ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


★経済産業大臣指定伝統工芸品★美濃和紙・スタンドライト/美濃合せ


◆経済関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆経済関連の無料のレポート情報
知る人ぞ知る!1日1分でできる門外不出の健体免疫術とは

あなたは医者や整体師にもう来なくていいよ!と言われたことはありますか?

多くの著名人や政治家などの身体を健康にしてきた飯沼健体免疫術。

1日1分でできる健康人間製造法~健体免疫術~

の門外不出の健康法をご紹介します。



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.17(Sun) 15:47] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 「自由・民主・人権」日本から脱北者4人韓国入り | TOP | オトーサン好みのスポアナは「アイドル」より「正統派」

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://kalashnikov3.blog101.fc2.com/tb.php/337-8fec1bb0
 ← 「自由・民主・人権」日本から脱北者4人韓国入り | TOP | オトーサン好みのスポアナは「アイドル」より「正統派」

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。