TOP > 97年アジア通貨危機:「日本はアジアの一員と自覚」
 ← 丸川珠代を参院議員選出馬に踏み切らせたある事情 | TOP | くも男獅童スパイダーマンイベントに登場

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


97年アジア通貨危機:「日本はアジアの一員と自覚」 

2007年05月26日 ()
DVD NHK大河ドラマ 風と雲と虹と 完全版 第壱集 (7/25 発売予定)

 東京大の古城佳子教授(51)=国際政治学=は、アジア通貨危機が東アジアと日本の関係を根本的に変えたと主張した。バブル崩壊で沈滞局面に陥った日本は、通貨危機という悪材料に直面し再び迷走、日本銀行などは通貨危機の責任論を追求された。

 古城教授は「こうした過程を通じ、日本は伝統的な“脱亜入欧”という思考方式から抜け出し、東アジア共同体の責任ある一員にならなければならないという課題を抱くことになった」と評価した。

―アジア通貨危機に対する日本の責任をどのように見るか。

 「日本の銀行が韓国や東南アジア諸国に貸し付けていた短期借款の回収に乗り出したことが、通貨危機が拡散した原因の1つとなったのは事実だ。だが、米国など他の国々の影響も大きかった。また、構造的な原因も大きかったのではないかと考える。当時、通貨危機を経験した国々が性急な為替市場開放政策を繰り広げた結果と見ることができる」

―通貨危機の際、日本がリーダーシップを発揮できなかったという批判があるが。

 「当時日本は、長期景気沈滞という国内事情を立て直すため、通貨危機の解決に乗り出すだけの余裕がない状態だった。また、日本政府がそうした役割を避けようとした面もある。戦後日本は、危機状況で主導的役割を果たした経験が無く、結局低姿勢で一貫した」

―日本は通貨危機により、どのような影響を受けたのか...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


【送料無料選択可!】実録・プロジェクト893XX ヤクザの全貌 伝説の親分編パート4 / ドキュメン...


◆政治関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆政治関連の無料のレポート情報
衝撃の真実!『日本の破綻を裏付ける決定的証拠』

1000兆円を超える日本の借金が、あなたの未来を無残に吹き飛ばす!
「決定的証拠」が物語る想像をはるかに超える壊滅的状況の真実が明かに・・・!
ほとんどの人が気付いていない、国が自ら「経済は破綻する」と記した日本の破綻を裏付ける驚愕の資…

風俗に飛び込むキャバ嬢・コンパニオンの業界裏話

「風俗に飛び込むキャバ嬢・コンパニオンの業界裏話」

風俗に飛び込むキャバ嬢やコンパニオンには、色々な理由があります。
彼女達の中には、ホストクラブ通いやブランド品購入などで、
経済的に行き詰って、風俗に飛び込んでくる女性が多いです…

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.05.26(Sat) 07:29] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 丸川珠代を参院議員選出馬に踏み切らせたある事情 | TOP | くも男獅童スパイダーマンイベントに登場

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://kalashnikov3.blog101.fc2.com/tb.php/215-46f00bc8
 ← 丸川珠代を参院議員選出馬に踏み切らせたある事情 | TOP | くも男獅童スパイダーマンイベントに登場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。