TOP > 大学発ベンチャー企業の現状調査(28)=「エンジェル税制」拡充も検討課題=経産省
 ← 東京株式市場・前場=続伸、FRB議長講演で米利下げ期待強まる | TOP | “フランス婚”夏木マリ「年齢は記号」

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


大学発ベンチャー企業の現状調査(28)=「エンジェル税制」拡充も検討課題=経産省 

2007年11月30日 ()
日本近代史研究の軌跡
【PJ 2007年11月22日】- (27)からのつづき。初期段階の大学発ベンチャーの資金調達は厳しい状況にある。この要因としては、①技術そのものに新規性や先端性が高いがゆえにリスクも高いこと、②経営面での脆弱(ぜいじゃく)性があること、③事業のリードタイムが長いことからその間のリスク(経営環境の変化)等があることが挙げられる。

 資金供給状況のうちエンジェル投資について、大学発ベンチャー立ち上げ期への資金調達先を件数ベースでみると、自己資金が8割と高く、親兄弟親戚などが約3割、続いて民間金融機関となっており、自らの知己からの資金調達件数が大きい。個人投資家からの資金調達は、全体の2割弱となっている。

 創業や設立初期段階は、リスクの高さから金融機関からの資金調達が難しく、その結果としてリスクを抱えることのできる個人からの投資が中心となる。こうした個人投資家からの投資が増大させるためには、リスクも高いが将来の大きなリターンも期待できる「創業期」への投資に対して、税制上のさらなる優遇策を期待する声もある。

 個人投資家によるベンチャーへの投資を国際比較すると、英国ではエンジェル税制を活用した投資が4億ポンド(約800億円規模)と日本における20億円の約40倍に相当している。また、米国においては、シーズ期においてリスクマネーを供給する主体として、約200億ドル(約2兆円規模)にも及ぶ大規模エンジェル市場が形成されている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


通常価格 294,000円≪本物のお探しの方。お見逃しなく。≫名門【西村織物】本場筑前博多織手織...


◆経済関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆経済関連の無料のレポート情報
日本人の「お金」に対する意識を変える

    
   日本人の「お金」に対する意識を変える

 日本人の「お金」に対する意識には、日本人特有の偏見があるので、
その意識が強い人ほど「お金」に嫌われ、いつまで経っても「お金」は
貯まりません。

 良識のある人、お…

ネットをあなたの「自動販売機」にする方法

インターネットで本当に稼げている人は全体の5%ほどといいます。でも、インターネットほど、稼ぐしくみを自動化できるツールはありません。要は、方法を知っているか知らないか、それだけのことです。寝ている間にもチャリンチャリンとお金がたまっていく「…

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.11.30(Fri) 11:33] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 東京株式市場・前場=続伸、FRB議長講演で米利下げ期待強まる | TOP | “フランス婚”夏木マリ「年齢は記号」

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://kalashnikov3.blog101.fc2.com/tb.php/1096-5f844a33
 ← 東京株式市場・前場=続伸、FRB議長講演で米利下げ期待強まる | TOP | “フランス婚”夏木マリ「年齢は記号」

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。